脱毛ラボではピル服用中でも脱毛できる?

脱毛ラボでは、基本的に薬を服用している人は施術を受けることができません。それは薬の成分によって肌質が敏感になったり、ホルモンバランスが崩れたりするからです。中には光に対して過敏になることもあり、フラッシュ脱毛が受けられないのです。

 

最近は避妊のためだけではなく、生理不順治療のためにピルを服用する人も多いですね。薬の服用を止めて影響しばらく経てば脱毛を受けることもできますが、ピルは定期的に飲まなくては意味を成すものではありません。急に止めてしまったことにより、症状が悪化してしまうことだってあります。脱毛ラボに通いたいからといって、ピルの服用を自己判断でストップしてしまうのは止めましょう。

 

実はピルでも最近では低用量ピルの使用が主流になっています。これは体質にできるだけ影響を与えないようにするもので、今までのピル服用時にあった副作用がかなり減っています。

 

ピル服用時には肌質が変わったり、体調が変化したり、ホルモンバランスが変わったりすると言われていますが、低用量ピルではさほど心配しなくてもいいので、本来なら脱毛も問題なくできます。

 

もし低用量ピルを服用したまま脱毛ラボに通いたいなら、医師に同意書を書いてもらうようにしましょう。脱毛ラボは医療機関ではありませんので、ピルが影響を及ぼすかどうかを判断することはできません。他の薬を服用中でも脱毛したいときには医師に相談し、問題がないということを証明してもらってからサロンに行くようにしましょう。